【PHP入門】基本の文法、型、コメントアウト、変数を丁寧に解説

これからPHPについて学ぶという入門者の方に向けて、
PHPの基本ルールや、文法、型、コメントアウト、変数について解説しました。

PHPを学ぶならまずここから理解してください。

PHPの基本ルール

コード全体の文法・ルール

PHPのコードは、「 <php 」 と 「 ?> 」 で囲う必要があります。

囲われた部分がPHPのコードであることをコンピューターに伝えるためのもので、
これを書かないと動かないので、必ず忘れないように記入するようにしましょう。

以下のような感じです。

<?php

ここにPHPのコードを書く

?>

また、PHPを書いたファイルの拡張子は、必ず.phpにする必要があります。

.htmlなどのファイルに書いてもPHPのコードは動いてくれません。

式に関する文法・ルール

式の末尾には「;(セミコロン)」を書く必要があります。

たった1文字ですが、;を省くとエラーになり動かないので注意しましょう。

<?php
$str1 = "aiueo"; //◯
$str1 = "aiueo" //× 末尾に;がない。
?>

補足:推奨ルールについて

また、上記のコードで「 $ 」の前や「 = 」の前後に
半角スペースを入れてもコードに影響を及ぼしません。

しかし、コードを見やすくするために、
「 = 」の前後などには半角スペースを入れることが推奨されています。

尚、「 $ 」の前や「 ; 」の前には半角スペースを入れるべきではありません。

ちなみに、$の後には半角スペースを入れてはいけません
(これは後ほど説明する、変数の命名規則に由来します。)

このように、プログラミング言語には

・守らなければ動かない、またはエラーが出るルール
・守らなくても動くけど、視認性を高めるなどの理由で推奨されるルール

の2つがあります。

このブログでは推奨ルールの方についてもその都度解説していきますが、

とりあえず難しいことは抜きにして、
基本的にこのブログの書き方を真似してくれれば大丈夫です。

PHPでのコメントの書き方

コメントとは、プログラム的な意味を持たないメモのようなもので、
何を書いても実際の動作には影響しません。

・長いコードの動作を一目で理解するため
・修正が必要な場合や複雑なコードに注意書きを残すため

などにコメントを使います。

PHPでは、

「 // 」や「 # 」の右にある部分はコメントになります。
(単一行コメント)

「 /* 」と「 */ 」で囲った部分は、複数行でも全てコメントになります。
(複数行コメント)

<?php
//コメント
$str = "A"; //コメント

$str = "B"; #コメント

/*
コメント
コメント
*/
?>

上記のコードで、コメントと書いている箇所はすべてコメントで、
プログラムの動作に影響を与えません。

複数行コメントには注意点があります。
以下のコードをみてください。

<?php
/*
$str1 = "aiueo"; /* コメント */
$str2 = "ABC";
*/
?>

上記のように/**/ の中にさらに /**/を書くと不具合が発生します。

具体的には、3行目の末尾で複数行コメントが終了してしまい、
4行目はコメントになってくれません。

複数行コメントを使う時は、入れ子にならないように注意しましょう。

コメントアウト

一時的に一部のコードを除外して動かしたい、
でもコード自体はあとで使うかもしれないから残しておきたい時などには、

該当するコードをコメント化することで、
コードを表示したまま処理から除外することができます。

これをコメントアウトと言います。

PHPの型

PHPでは自動的に型を判断してくれます。

PHPの型には、

論理型(boolean)
整数型(integer)
不動小数点型(float)
文字列(string)
配列
オブジェクト

などがあります。

論理型(boolean)

最も簡単な型で、値は true か false のどちらかを持ちます。

整数型(integer)

マイナス、0、プラスの整数を値に持ちます。

10進数、16進数、8進数、2進数で表記することが出来ます。

不動小数点型(float,double)

不動小数点型は、実数を値に持ちます。

具体的には、小数点やネイピア数であるeを扱うことが出来ます。

文字列(string)

文字列は、
「’」(シングルクォーテーション)か、
「”」(ダブルクォーテーション)で囲む必要があります。

ダブルクォーテーションで囲った文字列では、
エスケープシーケンス文字が使えます。

エスケープシーケンス文字の例(よく使うもの)
\n:改行
\t:タブ
\’:シングルクオーテーション
\”:ダブルクオーテーション

文字列の中で改行、タブ、シングルクオーテーション、ダブルクオーテーションをそのまま書いても、
文字列として扱うことが出来ません。

そのため、上記のエスケープシーケンス文字を使って表現します。

<?php

$str = "あいうえお\nかきくけこ";
//あいうえお
//かきくけこ

$str = "あいうえお\tかきくけこ";
//あいうえお    かきくけこ

$str = "あいうえお\'かきくけこ";
//あいうえお'かきくけこ

$str = "あいうえお\"かきくけこ";
//あいうえお"かきくけこ

?>

配列とオブジェクト、型の変換については、
長くなるので別の記事で解説します。

PHPにおける変数の基本ルール

変数とは、文字や数字などを入れておく箱のようなものです。

変数の命名規則

1.名前の前に「 $ 」(ドルマーク)をつける。
2.変数に使える文字は、英数字とアンダースコア(_)のみ。
3.変数名の頭には数字を使えない。
4.変数名の大文字と小文字は区別される。

【例】

$str1 ○
str1 ×
$1str ×
$str-1 ×
$str_1 ○

変数の代入

「 変数名 = 値; 」 で、変数に値を代入することが出来ます。

<?php
$str1 = "A"; //$str1に、Aを代入
?>

値の出力

特定の変数の値などを画面に表示したい場合は、

echo または print を使います。

echoは引数を2つ使用できますが、printは使えません。

<?php
$num1 = 1; //$num1に、1を代入

$num2 = $num1 + 2; //$num1に2を足した値を、$num2に代入

echo $num2 //=3
print $num2 //=3

echo $num1,$num2 //=13
print $num1,$num2 //エラー
?>

まとめ

コードのルール
 <php と ?> でコードを囲う。
 式の末尾には;を入れる。

コメント
 //か#で単一行コメント
 /*と*/で囲うと複数行コメント

PHPの型
 論理型(boolean)
 整数型(integer)
 不動小数点型(float)
 文字列(string)
 配列
 オブジェクト
 などがある。

変数の命名規則
1.名前の前に「 $ 」(ドルマーク)をつける。
2.変数に使える文字は、英数字とアンダースコア(_)のみ。
3.変数名の頭には数字を使えない。
4.変数名の大文字と小文字は区別される。

変数の値の出力
 echo か print を使う

初心者の方へ

今回解説した内容は、PHPのコードの中でも土台となる基本的な部分です。

今後PHPを使うなら何度も使用する内容なので、必ず抑えておきましょう。

Twitterでもプログラミングの有益情報を配信しています。フォローはこちらから→

おすすめの記事