【PHP入門】PHPとは?出来ることや長所と短所まとめ

PHPとは、バックエンド(サーバーサイド)言語であり、
コンパイル不要なインタプリタ型言語です。

ブログ、SNS、ECサイトなど、
WEBサービスの多くはPHPで作成することが出来ます。

この辺りについて詳しく解説していきます。

PHPとは?

バックエンド言語(サーバーで動く)

PHPは、バックエンド(サーバーサイド)言語という言語の仲間です。

JavaScript(フロントエンド言語)などと違い、
サーバーがなければ動かすことができません。

インタプリタ型言語(コンパイルが不要)

コンパイルとは、人間が書いたコードを
コンピュータが実行可能な形式に変換することです。

PHPは書いたコードのコンパイルが不要です。

コードを書いてすぐに結果を見れるので、
初心者の方でも開発を行いやすいと思います。

ちなみに、
コンパイルが必要な言語をコンパイル言語、
コンパイルが不要な言語をインタプリタ言語と言います。

ページを開いた時にだけ実行される

WEBページは、主に
HTML、CSS、PHP、JavaScriptで作成されています。

WEBページを開くとそのページのコードを上から読み込み、
HTML、CSS、PHP、JavaSsriptのコードを実行します。

HTML、CSS、JavaScriptはそのままページ上にコードが残り、
PHPは実行された結果のみがページ上に残ります。

そのため、PHPはページを開いたときにしか実行されません。

ページを開いた後で、またPHPのコードを実行したいと思ったら、
そのコードを書いたページを開き直す必要があります。

それに対して、JavaScriptはページ上にコードが残るので、
ページを開いた後で、好きなタイミングで何度でもコードを実行することが出来ます。

PHPで出来ること

WEBページのシステムなら大抵のものは作成できる

・ブログ
・SNS
・予約システム
・検索機能
・ログイン機能
・ECサイト
・問い合わせフォーム
・検索機能
・WEBアプリ

など、WEB上にある様々なシステムの多くはPHPで作成されています。

ただし、JavaScriptで作るようなリアルタイムな動作は苦手です。

HTMLと混合して記述できる

PHPはHTMLと親和性が高く、
PHPファイルの中に直接HTMLを書いてページを作成することが多いです。

HTMLで静的なコンテンツ(固定で変わらない部分)を書き、
PHPで動的なコンテンツ(データに応じて変化する部分)を書きます。

WordPressもこの形で各ページを生成しています。

PHPの長所

コードが外部から見えない

すでに説明したように、PHPのコードはページ上に残らないので、
WEBページのソースを見てもコードを見ることが出来ません。

そのため重要なデータなどはJavaScriptではなく
PHPで扱う方が良いと言えるでしょう。

データベースを扱える

PHPはデータベースを扱うことが出来ます。

データベースとは、データを保存するシステムのことです。

WordPressではMySQLというデータベースを使って、
ブログの設定や画像、投稿テキストなどを保存しています。

習得が容易

PHPはコードがシンプルで分かりやすいため、
習得が簡単な言語だと言われています。

JavaScriptと並んで、初心者にもオススメな言語です。

歴史が長く人気が高いので情報が豊富

PHPは1994年に開発されてから改良を加えられてきました。

PHP3から人気が出て、今日まで非常に人気の高い言語の1つです。

※2020年現在はPHPの最新バージョンは7です。

Googleで調べればPHPの情報は山ほど出てくるので、
分からないことが合っても、すぐに解決できることが多いです。

ブログCMS「Wordpress」もPHPで出来ている

2020年現在、ブログのCMSとして非常に人気が高いWordpressもPHPで出来ています。

そのため、PHPを習得できれば、
Wordpressのテーマやプラグインを自由にカスタマイズすることが出来ます。

人気の高いサービスを自由に扱えるようになるというのは、
大きなメリットだと言えるでしょう。

PHPの短所

リアルタイムな処理は出来ない

サーバーサイド言語なので、
JavaScriptのようにリアルタイムな処理は出来ません。

例えば、

クリックで開閉するタブやアコーディオンメニューなどです。

PHPはページを開いたタイミングで実行されるので、
何かコードを動かしたいならページを読み込み直す必要があります。

ページを読み込むには時間がかかるので、
上記のような即座に反応するシステムは作れないということですね。

※ JavaScriptのAjax通信と組み合わせると、
 PHPのコードをリアルタイムに反映させることも可能です。

まとめ

PHPの特徴
・サーバー上で動く言語。
・コンパイルが不要なので開発効率が良い。
・HTMLと一緒に書くことが多い。
・データベースを扱える。
・ページ上にコードが残らない。(見えない)
・リアルタイムな処理は苦手。

初心者の方へ

PHPは習得しやすく、初心者向けの言語だと言えます。

フロントエンドはJavaScript、バックエンドはPHPを学ぶことをオススメします。

Twitterでもプログラミングの有益情報を配信しています。フォローはこちらから→

おすすめの記事